2018年02月19日

平昌オリンピックで考える「外国語で書かれた遺言」の

写真:ダイヤモンド?オンライン


 いま、遺言や相続で悩まれている方が増えています。人それぞれ、いろいろな問題を抱えていますが、遺言があった場合となかった場合では、どう違うのでしょうか。ユニークな遺言の書き方を提唱する『90分で遺言書』の著者?塩原匡浩氏に、遺言のポイントを聞く。



● 外国語で書かれた遺言書は有効か?



 平昌オリンピックが盛り上がっていますね。私も連日テレビに釘付けです。でも、気がつけば、2年後の2020年には日本で東京オリンピックが開催され、さらなるオリンピック熱の高まりが想定されます。



 わが国でも、おもてなしの心で外国の方々をお迎えするさまざまな準備が進行中で、ますます国際化の波が加速し、これまで以上に外国の方が日本にやって来ることでしょう。



 そんな中、日本語ではなく、外国語で書かれた遺言書が残されたとしたら、その有効性はどうなるのでしょうか?



 最近では、外国語に堪能な日本人も大勢いるので、そのような状況もありえますが、それよりも遺言者が日本に長期間住んでいた外国人と考えたほうがわかりやすいでしょう。ただし、あくまでも日本の民法に則って遺言が書かれていることが前提になります。



 結論から言うと、その遺言書は原則的に有効です。遺言書に用いる言語について、民法上は何も制限がないからです。遺言者が通常使用している言語でかまいません。



 ただし、自筆証書遺言の成立要件である「全文と日付を自筆で書く」「署名と捺印がなされる」ことが必要になります。

  


Posted by fgjed@inter7.jp at 04:11Comments(0)

2018年02月18日

注目の初対決は藤井聡太五段が勝利!羽生善治竜王下す

公式戦初対決は藤井五段が羽生竜王に勝利


 将棋の羽生善治竜王(47)と藤井聡太五段(15)が2月17日、第11回朝日杯将棋オープン戦準決勝で公式戦では初めて対局し、藤井五段が119手で勝利し決勝へ駒を進めた。



 藤井五段は優勝すれば、加藤一二三九段(78)の15歳10カ月を抜き、史上最年少の15歳6カ月での一般棋戦優勝となる。また、「五段昇段後全棋士参加棋戦優勝」の昇段規定も満たし、1日の五段昇段からわずか16日で史上最年少の六段昇段も決定する。



 対局は持ち時間40分、切れたら1分の早指し戦。藤井五段の先手番で始まると、先に藤井五段が40分の持ち時間を使い切ったが、難解な終盤で攻めきった。2人はこれまで非公式戦で2度戦い、1勝1敗だった。



 決勝では、準決勝のもう一局で勝利した広瀬章人八段(31)対戦する。広瀬八段は同棋戦では2011年度に準優勝している。開始は午後2時30分ごろの予定。

  


Posted by fgjed@inter7.jp at 04:31Comments(0)

2018年02月17日

金井宣茂さん宇宙遊泳 船外活動を開始 宇宙服を着て



 国際宇宙ステーション(ISS)に長期滞在している宇宙飛行士の金井宣茂さん(41)が日本時間16日午後9時過ぎ、船外活動を開始した。老朽化したロボットアームの部品を交換するためで、日本人の船外活動は約5年ぶり4人目となった。



 船外用の宇宙服を着た金井さんはペアを組んだ米国人飛行士に続き、ISSの出入り口から船外の宇宙空間に出て活動を開始した。計画ではまず、約20メートル離れた最初の作業場へと手すりをつたって移動する。



 ロボットアームの部品交換作業は先月23日、米国人飛行士2人が先行して実施しており、金井さんらは作業の続きを行う。アームの先端部にあった古い部品を船内に回収し、船外の仮置き場にある別の部品を正式な設置場所に移動する。作業は6時間半の予定。



 地上の米航空宇宙局(NASA)の管制室では、先輩飛行士の星出彰彦さん(49)が作業手順を伝えるなどの支援をする。


  


Posted by fgjed@inter7.jp at 01:19Comments(0)

2018年02月16日

日本は赤ちゃんを捨てる国?慈恵病院の「内密出産」で



■風俗や性的暴行で“望まない妊娠“をする女性たち


 今まさに望まない妊娠?出産に直面しているのが、もうすぐ高校生になる子どもを持つ、30代のミカさんだ。お腹の中には、来月産まれてくる新たな命が宿っている。



 昨年暮れ、胎動を感じて妊娠に気づいた。数年前から生活のために風俗の仕事をしていることから、妊娠の心当たりについて「風俗だと思う。それ以外に心当たりはない」と話す。病院を訪れたのはつい先日のこと。人工中絶ができるのは妊娠21週目までとされており、すでに妊娠30週目に入っているミカさんに選択肢はなかった。夫と離婚し、子どもとも離れて暮らしているみかさんは、赤ちゃんを特別養子縁組で第三者に託すつもりでいる。



 「産むのにも体力いるし、食べておかないと。どんな顔してるんだろうって、生まれてくるのは楽しみ。自分がお腹を痛めた子は、誰も愛情は一緒だと思う。でも、あんまり愛情はかけないようにしている感じ」。そして涙ながらに「この子が幸せになれればいいかなって…」と、成長した子どもの写真は必要ないと話した。


  


Posted by fgjed@inter7.jp at 03:45Comments(0)

2018年02月15日

家入レオ、高木美帆の銅メダルに「本当にかっこよかっ




 シンガー?ソングライターの家入レオ(23)が14日、平昌五輪?スピードスケート女子1000メートルで銅メダルに輝いた高木美帆(23)を祝福した。



 高木は同い年の家入をデビュー当初から応援し、自身と同じく学生時代から活躍する姿に刺激を受けてきた。12日の1500メートルでの銀メダルに続く快挙に、家入は「銅メダル、2つ目のメダルおめでとうございます。全ての力を出し切っての滑り。これまで計り知れない努力をして来たからこその、あの清々しい笑顔なんだろうなって。本当にかっこよかったです」と喜びのコメントを寄せた。



 2人は2016年9月、高木の故郷である北海道幕別町での家入のコンサートで初めて対面した。美帆は同じ平昌五輪代表の姉?高木菜那(25)らと会場を訪れ、ライブ後に楽屋を訪問。家入と隣同士で記念写真を撮影し、それぞれの舞台での活躍を誓っていた。



 今大会では美帆が出場するチームパシュートも残っており、家入は「チームパシュートも全力で応援します」と更なる活躍を期待した。


  


Posted by fgjed@inter7.jp at 04:50Comments(0)

2018年02月14日

<五輪スケート>高木美あと0秒2「うれしい、でも悔




 体を投げ出すようにフィニッシュしてすぐ、高木美帆(日体大助手)は記録を告げる電光掲示板を見つめた。平昌五輪第4日の12日のスピードスケート女子1500メートル。優勝したブスト(オランダ)の下にあるのは、自分の名前。「2番というタイムを見た時はうれしさはあった」。ただ、レース後のリンクを回りながら声援を受けると「もうちょっと行けたんじゃないか」という思いがよぎった。



 最後の400メートルは、苦い記憶との戦いだった。昨年3月の世界選手権(ノルウェー?ハーマル)。1500メートルの同走はブストだった。終盤までリードしながら、フィニッシュ直前でかわされ0秒32差で敗れた。今回は「抜き去られた時の気持ちはぬぐえない」と当時を思い返しながら必死で脚を動かし、失速を抑えた。3組前で滑り終えていたブストには0秒20及ばなかったが、粘って手にした銀メダルは重みがある。



 ワールドカップ(W杯)今季4連勝中の種目だけに、金メダルへの欲は当然あった。ソチ五輪でオランダ勢が表彰台を独占した女子1500メートルの一角を崩したものの、「金を取れなかった」という喪失感も大きかった。「オランダ選手はやっぱり五輪に(調子を)合わせるのがうまい」。技術や筋力は上がったが、大一番で力を発揮する気持ちの強さも必要だと痛感した。



 一方のブストは高木美を念頭に「スプリント力がある日本選手が力を伸ばすのはいいこと」と語った。これで、出場した五輪4大会すべてで金メダルを手にした女王は余裕の雰囲気を漂わせる。ただ、高木美が確実に迫っているのは間違いない。【岩壁峻】


  


Posted by fgjed@inter7.jp at 11:56Comments(0)

2018年02月12日

伊藤寧々、宇野昌磨と同じリンクで練習「メダルとって




 元乃木坂46のメンバーでタレント、伊藤寧々(22)が11日、東京都内でDVD「ことのは」(リバプール、4104円)の発売イベントを開催した。



 乃木坂の同期で、同い年の生駒里奈(22)が4月発売予定のシングルでの卒業を発表。ご飯を食べに行く仲で「具体的な発表時期は知りませんでしたけど、卒業に関する話は聞いていた」。“戦友”の今後には「引退とかではないと思うので、またアイドル時代とは違う生駒ちゃんの活躍が楽しみです」とエールを送った。



 伊藤は、小5から中3までフィギュアスケートに没頭していた。現在、平昌五輪が開催中。男子フィギュアスケートで金メダルを狙う宇野昌磨(20)とは、同じリンクで練習したこともあった。「小さい子が頑張っているな、と思っていたけど、当時からみんなが何となく知っている存在でした。メダルとってほしいです!」と期待していた。



 DVDは昨年3月、インドネシア?バリ島で撮影。オススメには、大量と花と一緒に湯船につかるフラワーバスのシーンを挙げ「『小動物的なかわいさがある』といわれることがあるけど、それが前面に出てるのかな」と笑顔だった。


  


Posted by fgjed@inter7.jp at 12:22Comments(0)

2018年02月09日

阪神・掛布SEAがヤクルト視察で警戒 青木に「うま




 阪神?掛布雅之SEA(62)が9日、空路で沖縄入り。ヤクルトのキャンプ地である浦添市民球場を訪問し、練習を視察した。

【写真】青木が山田、山田が青木のモノマネ披露

 紅白戦が終わった後、グラウンドへ現れ、小川監督や7年ぶりに復帰した青木らにあいさつ。特に指揮官とは習志野高校の先輩後輩という間柄もあり、身ぶり手ぶりを交えて約15分話し込んだ。その内容として「選手がどこでどういう意識を持ってプレーするか。そういう部分を変えようとしているんじゃないかな」と、昨季最下位に沈んだツバメ軍団を警戒した。



 ただ、「ある程度いい距離感を作って、他球団を見ないといけない」と、阪神のオーナー付きアドバイザーという立場を考慮しての意見交換となった様子。11日にも阪神の坂井オーナーと会って、報告を行う予定だ。



 7日にキャンプに合流した青木はこの日、バレンティンと並んでフリー打撃などを行った。掛布SEAは「うまくて強いよね」と日米通算2058安打を誇る巧打者を評し、アメリカ帰りのブランクについても「感じないですね」とうなずいた。


  


Posted by fgjed@inter7.jp at 18:59Comments(0)